FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資家マーク・リッチーの言葉です。

自分のやったトレードから学ぼうとする人間は進歩する。

著名な投資家マーク・リッチーの言葉です。


前提として、過去自分が行ったトレードは最低限日誌にして取っておくことにしましょう。

それが大前提です。

逆に言えば、多くの投資家はそれすらもしていない状態なので、それを行うことで、その人たちよりも一歩も二歩も秀でることになります。

「負けトレードの時こそ分析すること」が重要です。適当にトレードして、闇雲に損切りしていると、現在の自分のトレードルールが、「長期的に続けていれば必ず勝てることがわかっている期待値の高いルール」であるかどうか検証することが出来ません。

根拠のないトレードでたとえ勝ったとしても、勝ちの理由も分かりませんし、再現性もないので、後の相場でも役に立ちません。



一つ一つのトレードを、意図を持って行い、どのようなルールでどのくらいの利益を得たのかを把握しておくことは非常に大切です


このサイクルを繰り返していると、必ず、数字が良くなっていきます。そして、ある地点まで来ると、一年後、二年後、五年後の大勝ちを、クリアにイメージできるようになります。そうなった時、あなたはすでに成功のレールに乗っていることを意味します。

最初は、履歴を分析することに抵抗があるかもしれません。正直相当な労力がかかります。途中で投げ出したくなるでしょう

しかし、あなたが思い描いている未来を実現するためには必要なステップです。

まずは、最低自分の行ったトレードを日誌として書いてみましょう。

あまり多くのことを一度に求めてしまうのは、挫折の原因になります

日誌をとっていないのに、新たな手法は思いつきません。

トータルで収支がマイナスというのはある意味チャンスなんです。

それを逆読みし、トレーディング手法を作って勝てるようになったトレーダーもたくさんいます

デイトレードで日々たくさんのトレードをしているなら、その中の一部でも構いません

まずは、日誌を一日一つでもいいので、記録していくことから始めましょう
スポンサーサイト

投資の勉強のための集中力の維持の方法

投資の勉強、その他、受験や資格試験などをするにあたり、集中力の維持をしたい人は多いと思います

コーヒーを飲むことで勉強に対する集中力が向上するということが分かっています。これはコーヒーに含まれているカフェインの成分が、脳の中枢神経を刺激するために集中力が向上するのです。


実際にタフト大学では事前にコーヒーを飲んで貰った人と、飲まなかった人を集め、誤字脱字のミスを見つけてもらう実験を行いました。その結果、カフェインを摂取した人の方がカフェインを摂取していない人よりもより好成績を残すことができたのです。

また、記憶力における実験結果についても同様のことが起こりました。


今日は、その集中力を一日を通して維持するための、コーヒーを飲むタイミングについて話ていきます


コーヒーを飲んでからカフェイン効果がで始めるまで30分くらいかかるので、集中して勉強をしたい少し前にコーヒーを飲むと効果のピークを勉強中に持ってくることができます。


健康を考え、朝いちばんのコーヒーはエヌジーです。胃腸に負担をかけるので絶対にやらないでください。朝起きた瞬間、人間の体は「水分不足」の状態にあります。だいたいコップ一杯ぶんの汗を掻くと言われており、さらに6時間以上は水分補給のタイミングもないため人間の体は水分を欲しています。


コーヒーの効果をより一層うまく取り入れるためには「ストレスホルモン」をうまく利用する必要があります。
ストレスホルモンが多い時間帯のコーヒーはあまり効果がなく、むしろストレスホルモンが少ない時間帯にコーヒーの効果は絶大になります。

そして、人間のストレスホルモンの分泌が少ない時間帯は朝の9から11時。この時間にコーヒーを飲むのをお勧めします。ちなみにストレスホルモン自体は起床直後だけでなく

午後12時から午後1時
午後5時半から6時半

の時間帯に分泌が多いそうです。


カフェインの効果の継続時間は4時間ほど、体内から半減されるのが8時間ほどと言われています。
カフェインには覚醒を促す、集中力を高めるだけでなく、脂肪燃焼効果があります。

それはカフェインではなく、コーヒーの中のポリフェノールの中に入っているクロロゲン酸が関係しているのですが、脂肪の燃焼を促進してくれる働きもありますからそれをうまく取り入れたいですね。脂肪燃焼効果を狙って飲むオススメのタイミングは「運動前」と「食事前」です。


以上のことから考えると、

朝食を取った後に一杯。昼食を取って少しした1時過ぎに一杯。がベストのタイミングです。

夕方は、睡眠のことを考えるとできれば飲んでほしくないですが、夜型の人なら1杯くらいなら飲んでも良いと思います。


就寝4から5時間前にはコーヒーを飲むのを辞め、良質な睡眠に備えましょう

ちなみに、コーヒーは、ブラックで飲むのが一番良いと言われています。特に砂糖は、血糖値を上げる効果もあり、集中力を阻害してしまう場合もあるため、出来ればブラックで飲むことをおすすめします。

投資で9割が負けるトレーダーという理由を理論的に説明してみた。













投資の世界は9割が負けるといわれていますが、それは本当なのか?



それが本当なら、初めからやらないほうがいいのか?



そういう疑問をもつ人は多いと思います。



本当に9割は負けているのか?私なりに解説していきたいと思います





金融先物取引業協会のデータによると、個人口座でアクティブになっているのは約10パーセント。つまり、90パーセントの口座は取引されていない、死んでいる口座です。





投資で儲かっている場合、途中でやめる人はなかなかいないと思います。儲かっているなら普通は続けますよね?中には勝ち逃げする人もいますが、そう多くはないと思います。



そう考えると、90パーセントのノンアクティブな口座はいわば損失を出して退場した個人の口座。と考えるのが自然となりますよね。



利益を上げていながら、途中で投資をやめられる人はなかなかいないという前提条件ですが、仮に90パーセントの口座の中で勝ち逃げをした人が1割いたとしても、19パーセントが勝っているトレーダーとなり、81パーセントが負けて退場したトレーダーということになります。





もう一つ、勝っているトレーダーが1割しかいないと考えられるのは、ネットのブログや2ちゃんねる、情報商材を売っているかたがたを除き、利益を上げている人がほとんどいないということです。



これは、偶然や人により偏りがあるとは思いますが、勝っているトレーダーがほとんどいないという実態を考えると、そう考えざるとえません。



ただ、これに関しては、日本では投資をしている人自体が少なく、10パーセントもいません。FXだけですと、4パーセント程度といわれています。



約25人に1人です。その中の1割と考えると、地球上にいる人を無作為に選出した250人に1人が勝っているトレーダーということになりますから、そう滅多に会えるものではないということが分かります。



この考え方は、個人のネットワークだけで考えられるものではないので、フェアーではありません。従って、根拠としては不十分でしょう。



ただ、プロスペクト理論に基づいた、普通の人の考えでトレードをすると負けやすくなっていると考えられますので、勝ち組が4割。その中から手数料を引き、それでも尚、勝ちでいられる人が3割以下。利益の中から年間の税金を引いても尚勝っている人の数を考えると、もしかしたら、当初のように1割となってしまうのではないでしょうか。



投資で勝つにはそれ相応の努力が必要なことは、この論理によって深まるのではないと思います。



それでも努力をし、専業のプロとして生きていきたい方へ、私はいろいろアドバイスしたいと思っているので、悩みなどありましたら、お答え致しますので、メールでもコメントでもお聞きしますね!

トレードで負け続けてる人が、まったく逆をやったら勝てるのか?

トレードで負け続けてる人が、まったく逆をやったら勝てるのか?



あなたが熱心な投資家なら、日々のトレーディング日誌をつけていると思います



そしてそのトレーディング日誌を見て、負け続けてるなら





その逆をやったら、勝ち続けられるんじゃないかと思うのではないでしょうか



率直にいいますと、たとえその逆をやったところで、勝つことは出来ません



それはどうしてなのでしょうか?



ただたんに、売りと買いを逆にしただけでは、ダメなんです



それは勝率のことしか考えていないので、結局は、小さく利食いをし、大きな損を出していては、最初の手法のように、負け続けてしまうことになります



売りと買いを逆にするという行為そのものは、エントリーに関してのことだけなので、エントリーしてから、損切をどうするのか?利益確定の幅は?ピラミッティングは?ナンピンは?含み益が出たら、半分利益確定するのか?といったさまざまな、選択肢、分かれ道があるのです。



実際に、逆を実行してみればわかるとおもいますが、常にエントリーをうまくやることは不可能なんです。



そうです。勝率には限界があります



私もいろいろと試してみましたが、エントリーよりもイグジットのほうがはるかに大事ということがわかりました。





損切のライン、利益確定のラインをもう一度考えなおしてみてはどうでしょうか?



反対の取引をするのではなく、今ある自分の手法をもう少し深く掘り下げ、どこか改善点はないか考えてみてくださいね

損切りにすぐに引っかかってしまうという人は、その引っかかったラインで仕掛けることを検討してみましょう

動機が中途半端な人は投資で成功出来ない・・・

投資で成功したいという人は数多くいますが


何のために?と聞くと動機が中途半端な人が多いです


正直に言いますと、その動機があやふやな人は、絶対に成功出来ません


絶対にトップトレーダーになるという固い決意がないと、その強い気持ちを継続して持ち続けることが出来ない限り

投資で成功することは難しいでしょう

気が遠くなるような長い年月をかけて、少しづつトレーダーは成長していくので、一朝一夕では勝ち組トレーダーにはなれません。

自分にはこれしかない。と他の選択肢がないくらいでないと、モチベーションが続かず、相場という荒波に飲まれて、途中で挫折してしまうと思います

たばこをやめると言って辞められないような、人には難しいでしょう

トレーダーを続けていくのには強い意志が必要なのです


動機が中途半端だと、やはりほかの道で食べていけばいい。となるので

もしあなたが本気でプロのトレーダーになりたいのなら、成功したい理由をきちんと頭の中なりノートなりに書き記し、それを信念として闘志を燃やし続け、決してモチベーションを低下させることなく毎日奮闘してくださいね。

応援してます!
プロフィール

AYM

Author:AYM
株とFXを始めて、最初の3年間で500万寄付しました(笑)
その悔しさをバネに日々の学習を重ね、FX関連の書籍を500冊以上読破し、毎月利益を上げる事、トレードを人に教えるくらい上達しました。FXは人間的にも成長させてくれる素晴らしいモノです!私はFXを心から愛してます!

外為オンライン
全てにおいて万能な業者です
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
リンク★
AYM使用♪バックテスト(検証)
初心者でも使いやすい♪世界NO.1シェア率
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。