FC2ブログ

株式投資やFXでなぜ負けるのか?なぜ自分が買った銘柄だけ下がるのか。

株式投資やFXでなぜ負けるのか?なぜ自分が買った銘柄だけ下がるのか。

もしかすると、その問題の答えは「プロスペクト理論」にあるかもしれません。

プロスペクト理論とは、行動心理学のひとつであり、ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって発見されました。

行動心理学とは、これまで人間は、いかなる場合も合理的に行動する生き物だと思われていたが、実はそうではなく、様々な心理状態によって非合理的な行動を取ることがあるという偉大な発見です。


行動心理学の第一人者として有名なダニエル・カーネマンは、2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。



今回は、行動心理学とプロスペクト理論について掘り下げ、多くの投資家が陥る「投資のワナ」から脱出する方法を解説します。





プロスペクト理論を私なりに一言で表すと、「人は損するのが大嫌い」となります。


これまでいかなる場合も合理的に行動すると思われていた人間は、損得が絡むケースでは「非合理的な行動」を取ってしまいます。

これがプロスペクト理論の本質です。


そして、人は勝つことを好む以上に負けることを嫌う。という感情があります。


プロスペクト理論は、人間のリスク回避度合いは状況によって変化するということを明らかにしてみせた。

すなわち、マイナスを目の前にすると、人間は損失そのものを回避するために、進んでリスク愛好家になってしまうのです。

人は一度借金をしたり、損をしたりすると、さらなる損失に対する感応度が鈍くなり、高いリスクをとるようになってしまうわけなのです。



投資の基本は、利益を伸ばして損切りを素早く行う「損小利大」ですが、多くの投資家はすぐに利益確定を行い、一方で損切りができずに放置する「利小損大」の投資行動を取っています。

これが、多くの投資家が投資で失敗する理由です。

投資した銘柄が値上がりして利益が大きくなるほど嬉しさがアップします。

しかし、利益が一定の水準に達すると、嬉しさの伸びが小さくなり、その後はどれだけ利益が膨らんでも嬉しさはアップしません。

こうした理由から、人は利益がある程度出るとすぐに利益確定をしてしまうのです。しかし、株式投資には「トレンド」がありますから、本来は上がる株ほどより上がり続けるものです。まぁ一概には言えませんが(笑)



しかし、人には「得ることよりも失うことに対する恐怖がある」こともプロスペクト理論で証明されていますから、「上がる株ほどより上がり続ける」と知っていても「ここまで上がったからそろそろ下がるのではないか?」とという恐怖にかられ、手放してしまいます。


これが早く利食いする原因となってしまうのです。



また、私自身投資をする上ですごく意識していることなのですが、保有していた株が値上がりして含み益が100万円になった後、やや下がってきて含み益が60万円になると、心理的に利益確定が難しくなります。そしてものすごく残念な気持ちになります

これは、一度経験した「100万円の含み益」が失われて60万円の含み益になってしまったことで、再び含み益が100万円になることを期待してしまうという心理です。

しかし、株価は既にピークアウトして値下がりしているわけですから、一刻も早く手放すのが合理的な行動です。

実際に私は、100万円の含み益が60万円になってしまったのが悔しく、再び戻るのを期待して保有し続けた結果、含み益を全部溶かしてしまう過ちを犯してしまいました。

これは、パチンコなどのギャンブルで出た玉がすべて「飲まれ」てしまった後に、(現状は1円も損していない状態なのに)一度出た玉を取り返したくて追加で資金を投入してしまうという現象と同じです。

一方で、損失の場合は最初に急激な「心理的な辛さ」がやってきます。


しかし、損失の金額が大きくなるほど心理的な痛みが減ってくるため、一定の金額を越えるとそれ以上はどれだけ損失拡大しても「どうでも良い」という状況になります。

いわゆる「塩漬け」の状態です。

これをプロスペクト理論では感応度逓減性といい、利益・損失の大小と心理的な嬉しさ・痛みは比例しないことを示しています。

この状態を一言でいうならば「金銭感覚の麻痺」です。金額の大きさや時間の経過が金銭感覚の麻痺を起こします。


お分かり頂けましたか?投資の世界では、人間が普通に感じる感覚が、勝つためには時としてマイナスの要因となってしまいます。多くの人が買いを選択してる時に売り、多くの人が投げ売ってるときに、買いを選択出来る。狂気の沙汰とは思えないような選択をすることが、投資の世界での実は正解にあたるのです。





スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

AYM

Author:AYM
株とFXを始めて、最初の3年間で500万寄付しました(笑)
その悔しさをバネに日々の学習を重ね、FX関連の書籍を500冊以上読破し、毎月利益を上げる事、トレードを人に教えるくらい上達しました。FXは人間的にも成長させてくれる素晴らしいモノです!私はFXを心から愛してます!

外為オンライン
全てにおいて万能な業者です
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
リンク★
AYM使用♪バックテスト(検証)
初心者でも使いやすい♪世界NO.1シェア率